【肺がん治療に効果的】免疫療法のメリットを徹底解説

ドクター
カウンセリング

末期がんの有効な治療法

末期がんの治療法を決める際には、患者の意思が優先されますが、治療の実績のある医師に相談をすることがとても有効です。また、末期がんの患者は体力が低下しやすいため、身体的な負担の少ない治療法を選択することがポイントとなります。

治療に対する不安を解消

注射

細胞を培養して投与する

肺がんの効果的な治療法の一つが免疫療法です。免疫療法は、自身が持っている免疫細胞を培養して体に戻すことで、免疫力を高めて肺がんを治療していく方法です。この免疫療法を受けるためには、まずカウンセリングや検査を行います。カウンセリングによって今の患者の病状や治療方法の希望などを確認し、免疫療法で治療していくのかを決めます。また、この免疫療法は自由診療となるため、高い治療費が必要になることも、この時点で確認したうえで肺がん治療をするのかを決めることになります。肺がんを免疫療法で治療することになれば、病状を把握するための検査も行います。免疫療法では、まず20〜50ml程度の採血をおこない、この血液から免疫細胞を取り出してワクチンを作ることになります。ワクチンを作るためには、免疫細胞の培養が必要で、2〜3週間程度の時間がかかります。免疫細胞を培養してワクチンができれば、ワクチンを患者に投与します。ワクチンは点滴によって投与し、時間としては数十分から1時間程度で終わります。病状の状態によってはこの免疫療法では入院の必要もありません。このように、カウンセリングをして、自身の免疫細胞を培養したワクチンを投与するというのが免疫療法での簡単な流れとなります。肺がんになった状態では体の免疫力も大幅に低下しています。その免疫細胞を培養してから体に戻すことで、免疫力が向上し肺がんに大きな効果が期待できます。病状が軽いのであれば、入院の必要もないため、時間の有効活用もすることができる治療方法です。

医者

新しい方法でがんを克服

不快感の改善や延命効果などが認められることから、現在注目を浴びているのが大阪のクリニックの免疫療法です。がんの進行を抑制し、病状の悪化を遅らせる効果が確認されており、新しい治療として期待が持たれています。

カウンセリング

治療の工程

肺がんの治療は、抗がん剤治療から免疫療法になっています。免疫療法は、患者から採血を行いその採血を利用してワクチン製作を行います。健康で強いワクチンを作った上で、患者に投与していくのです。免疫療法はこの工程の中でもワクチン製作がとても重要な意味を持っています。

ASSOCIATED LINK

  • 心斎橋スリーアロークリニック

    肺がんの免疫療法に関することを確かめておきたいと感じている人はいませんか?ここなら利用内容を確認しておくことができますよ。
  • 心斎橋スリーアロークリニック

    大阪で免疫療法を専門的に行なっているクリニックを探しているならこちらをチェック!サイトで過去の症例を確認できますよ。