【肺がん治療に効果的】免疫療法のメリットを徹底解説

看護師

治療の工程

カウンセリング

ワクチンの製作

肺がんは、がんの中でも深刻な症状だと言えるでしょう。完治させることはとても難しく、早期発見であっても治療が困難になってしまうことがあるほどです。肺がんの治療方法と言えば、抗がん剤治療というイメージが強いはずです。この抗がん剤治療は、さまざまながんの治療方法に用いられており、一定の効果を得ることができる反面、副作用がとても強く長期間使用すればするほどその副作用のリスクも高くなってしまうということがあります。しかし、肺がんの治療方法も含めて今では免疫療法が行われることが多くなりました。免疫療法とは、自分の体の免疫能力を最大限にまで高めることでがん細胞の進行を抑えることができるだけではなく、がん細胞自体を除去してしまうという方法です。免疫療法の最大のメリットは、副作用のリスクが極端に少ないことです。強い体を作ることで得られる療法なので、患者自体も抗がん剤治療を行うよりも健康な状態で治療を続けることができるようになります。肺がんの免疫療法の治療方法としては、まずはスケジュールを決めます。カウンセリングや検査により、免疫療法の工程を作成し、採血を行います。そして、その採血を利用して培養とワクチン製作を行うのです。この工程がとても重要な意味を持っています。健康で強いワクチンを体に投与するために、24時間体制で管理しながら2週間以上かけて培養していきます。そして、その強いワクチンを患者に投与し続けることで免疫療法となるのです。