【肺がん治療に効果的】免疫療法のメリットを徹底解説

看護師

末期がんの有効な治療法

カウンセリング

末期がんの治療のあり方

末期がんは、すでに体の全体に症状が出ていることがあり、手術などの方法が有効でないこともあるため、早期に専門医と相談をして治療法を決めることが大事です。最近では、末期がんの患者を対象とした先進医療の臨床実験が行われることがありますが、大規模な大学病院や総合病院などの医師から適切なアドバイスを受けながら治療を始めることがポイントです。末期がんの患者の全身状態については、症状の進行の度合いや元々の体力などに左右されますが、痛みが強い時には、麻酔薬や鎮痛薬などによる対症療法が行われることがあります。最近では、ターミナルケアのあり方について、多くの末期がんの患者本人や家族にとって、重要な事柄として扱われることがありますが、医療環境が優れている病院やクリニックなどにサポートを得ることが有効です。また、訪問診療などをうまく利用することで、自宅で末期がんの治療を行おうとする患者も増えています。このような場合には、患者の容態の急変時などにスムーズに対応をすることが難しいケースがあるため、常に主治医とコンタクトを取れるようにすることが大切です。末期がんの治療方針は、患者の意思が重視されますが、身体的な負担を軽減するうえで、医学的な対処法を積極的に検討することが肝心です。その他、通院先や入院先を決めるにあたり、まずは末期がんの治療実績のある病院の治療法のメリットやデメリットを総合的に判断することが大事です。